イボは皮膚にできる小さなドーム上の盛り上がりです。

イボは皮膚にできる小さなドーム上の盛り上がりです。

厳密には疣贅(ゆうぜい)と呼ばれる、「できもの」の一種です。

イボはできる場所によっては気になってストレスを感じてしまうこともあります。

なぜイボができたのかがわからないと余計に不気味に感じてしまう方も多いでしょう。

ここでは、イボができてしまう3つの原因について説明します。
さまざまな種類のウイルスに感染したことが原因のイボ
イボができる一つ目の原因はウイルスです。

特に若い方にできるイボはウイルスが原因であることが多いです。

ウイルスに感染してできるイボのことをウイルス性イボまたはウイルス性疣贅と呼びます。

代表的な原因となるウイルスには「ヒトパピローマウイルス」があります。

ヒトパピローマウイルスと一口にいっても200を超える種類があります。

そのため、ヒトパピローマウイルスの種類によって感染しやすい部位が異なってきます。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、子どもの手足にできやすいウイルス性のイボです。

足底疣贅(そくていゆうぜい)は、尋常性疣贅が特に足の裏に出来た場合のウイルス性のイボです。足の裏にあるため体重がかかりやすくイボでありながら隆起しないのが特徴です。

子どもに出来やすいミズイボは、ヒトパピローマウイルスではなく、伝染性軟属腫ウイルスが原因です。

ウイルス性のイボは他の人に感染する病気です。

皮膚科医で治療ができますので相談してみることをお勧めします。
高齢者に多い紫外線を大量に浴び続けたことが原因のイボ
イボができる2つ目の原因は加齢や紫外線による肌の老化です。

高齢になってからできるイボは、肌の老化が原因であることもよくあります。

肌の老化が原因でできるイボのことを老人性イボ、年寄りイボと呼びます。

専門的な言葉では、脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)または老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれます。

多量の紫外線を浴びることによってできた老人性イボの場合は、メラニンが角質とくっついてできるため褐色の数mmの小さな点のように見えます。

この老人性イボは、顔や首や腕といった普段から露出することが多く紫外線を受けやすい皮膚にできやすいという特徴があります。

老人性イボは、ウイルス性イボのように他の人への感染の心配はありません。

見た目が気になるので直したいという場合は、皮膚科医でレーザー治療などで治療することができます。

老人性イボは老化現象の一つですので、あまり気にすることはありません。

しかし、急にイボが増えてきたりした場合は、内臓疾患の恐れがありますので医師に相談してみることをお勧めします。
加齢が原因でできるイボは20代でも注意が必要です
先ほど述べた老人性イボは比較的高齢な方に見られるイボですが、早い人では20代から加齢が原因のイボができてしまいます。

20~30代以降の首などのやわらかい皮膚にできることが多いこのイボは、アクロコルドンと呼ばれています。

もちろん、首のイボの全てがアクロコルドンとは言い切れませんが、1~3mm程度の小さなぽつぽつとした形状で茶褐色をしている場合はアクロコルドンである可能性が高いです。

アクロコルドンは、加齢や肌ストレスによって肌のターンオーバーがうまくいかないことでできます。

ターンオーバーで排出されるはずの古い角質が残って盛り上がったものがアクロコルドンとして出てくるのです。

アクロコルドンは、老化現象の一つといわれていて、他の人へ感染するリスクもなく、特に治療をする必要はありません。

しかし、見た目が気になったり、服などとの摩擦によって痛みを感じる場合は、皮膚科医に相談して治療することも可能です。
イボにはウイルス性のイボと加齢が原因のイボがある
今述べたように、イボにはさまざまな原因があります。

ウイルス性イボの場合は、自身や他の人への感染のリスクがありますので、皮膚科医での早期の治療をお勧めします。

紫外線や加齢が原因のイボについては、自然な老化現象であり、感染の心配もないため、無理に治療をする必要はありません。

どちらの原因のイボでも皮膚科医での治療が可能ですので、気になっている方は相談してみると良いでしょう。

肌にイボができてしまう理由とそれを予防する方法

顔や首・手や足に目立つブツブツは、イボと呼ばれています。一度できたイボは放っておくと、さらに増えてしまうことがあります。イボは適切な治療でキレイに治すことができます。セルフケアと病院の治療法、自分にあった方法をみつけて地道に治療に励むことが大切です。

どんなタイプがあるの?気になるイボの種類とは?

知らないうちに顔やボディのあちこちに出来ているイボ。年齢より老けてみえる可能性もあります。イボには幾つかの種類があります。イボの種類によっては、早めのケアをしておかないと危険が広がるものもあります。

・ウイルス性のイボ

HPVウイルスに感染すると、手や足に小さなイボがあらわれます。痒みがないことが特徴ですが、放っておくとウイルスが増殖し、イボの数が増えていきます。小さな傷口からウイルスが侵入することも多いため、かすり傷や切り傷があるときに不特定多数の方が入るプールや温泉に入るときは十分な注意が必要です。

・老人性のイボ

老人性のイボと聞くとシニア世代がご厄介になるものと想われがちですが、20代の若者でも老人性のイボに患うことがあります。黒いブツブツとしたイボが特徴です。加齢により基礎代謝が悪くなりメラニンの排出が乱れてしまうことから起こります。

自分で治せる?イボのセルフケア方法

見た目の美しさも半減するイボは、早い段階でケアしておくのが大切です。病院へ行った方が良いと分かっていても、家事や仕事が忙しくクリニックの敷居をまたぐことが気が引けることも…。自分で治せるイボ治療には次のような方法があります。

・塗り薬を塗る

ローションやクリームタイプのイボ専用薬は、ドラッグストアやWEBサイトで購入できます。患部に直接塗ることができ、体への負担も少ないことが特徴です。

・内服薬を飲む

顔や目の周りなど直接薬を塗ると、刺激が強い場所にイボができている場合は、飲んで治す内服薬の服用がおすすめです。ヨクイニンエキスなど漢方成分が入っているものは、飲み続けることでゆっくり穏やかにイボに働きかけてくれます。

何科に行けばいい?クリニックのイボ治療

セルフケアでは限界を感じたとき、クリニックのドアを叩いてみましょう。

・イボ治療は皮膚科がおすすめ

イボは首や顔・手や足などボディ全体にあらわれます。初めて病院へ行くとき何科に行けばよいのか迷ってしまう方も多いのですが、皮膚科がおすすめです。またキレイに治したいときは美容皮膚科へ。美しさのヒントがもらえます。

・どんな治療をするの?

イボの種類をみて、どんな治療法が良いかドクターが教えてくれます。一般的にはレーザーをあててイボを消す「レーザー治療」液体窒素でイボを焼きとる「液体窒素法」、またハトムギエキスなどの漢方薬を飲んで体のコンディションを整える「漢方治療」があります。イボの大きさや数によって一度の通院で完治するものもあれば、複数の通院が必要になるものまで様々あります。不安点はドクターに尋ね、納得のいく治療法を決めていきましょう。

諦めないことが大切、不快なイボはキレイに取れる!

手や首に出来てしまったイボ。諦めずに地道な治療を続けることで、キレイに完治させることができます。体のあちこちに出来るイボは、ウイルス性のもの・加齢によるものがあります。イボの治療法として自宅で手軽に治すセルフケア法と、病院に通うクリニック通院の2種類あります。イボを取ると付きものが取れたかのように、身も心も爽やかになります。最後まで諦めずに、まずは治療を続けてみてください。
イボの処理方法参考サイト: https://www.experience112.com/224.html

イボの基礎知識!原因と種類、改善方法

肌の一部には、イボができてしまう事はたまにあります。イボが肌に生じる理由は、主にウィルス感染です。皮膚の内部に、ウィルスが入り込むのが主な原因なのです。

イボは、ウィルスに対抗する免疫がポイントになってきます。あまり免疫力が弱いとイボが発生しやすい訳ですが、肌に対する刺激はできるだけ小さくするのが大切です。

イボができてしまう原因とウィルス感染

人間の肌には、小さな傷が生じてしまう事はたまにあります。時には指などをどこかにぶつけて、かすり傷が生じる事はあるでしょう。

その小さな傷から、ウィルスが入ってしまう場合があります。それで皮膚の中に侵入してしまったウィルスは、悪影響はあるのです。その症状の一環として、腫れ物が生じてしまう事はよくあります。

イボを作り出してしまうのは、たいていヒトパピローマというウィルスになります。100種類ほどのウィルスが存在するのが特徴的ですが、それで生じたイボは悪性で無いケースが殆どです。悪性というより良性ですから、特段に大きな問題点は生じづらい傾向はあります。ですが、たまに悪性のイボがあるのも事実ですから、早めに治すに越した事はありません。

イボのできやすさに関わる免疫の力

ウィルスが関わってくる以上は、人間の免疫力に左右される一面があります。その力が強いか否かにより、イボが生じる確率も変わってくるのです。

そもそも人間には、本来は腫れ物などを防ぐ力はあります。体内にある免疫細胞などが、ウィルスなどをブロックしてくれるからです。ですから免疫力が強い方々はウィルスによる影響を受けづらいですから、イボも生じづらくなる傾向はあります。

ですが人によっては、やや免疫力が弱い事もあるのです。力が弱くなる以上は、どうしてもウィルスの影響も受けやすいですから、イボも発生しやすくなってしまいます。皮膚にも様々なパーツがありますが、免疫がやや弱い箇所にはイボができやすい訳です。

ですからイボを防ぎたいなら、できるだけ免疫力は高める必要はあるでしょう。

なるべく肌への刺激を避けるのが望ましい

免疫力だけでなく、刺激なども1つのポイントになります。なぜなら、過度な刺激は免疫力にも関わってくるからです。

肌に対しては、たまに大きな摩擦が生じてしまう事はあります。衣類の素材によっては、肌に対して大きな刺激を与えてしまう事もあるでしょう。それはあまり良くないのです。

というのも過度に刺激が加わってしまいますと、どうしても肌の免疫力も弱くなってしまうからです。もちろんそれはイボを作り出す原因になります。

ですからイボをなるべく防ぎたいと思うなら、肌に対する刺激などは注意が必要です。肌に対する摩擦などは気を付けると共に、紫外線も注意する必要はあります。やはり紫外線を多く浴びすぎますと、大きな刺激が加わってしまうからです。

ウィルスによってイボができるので免疫がポイントになる

結局は、イボは傷からウィルスが侵入するという点がポイントになります。ただしウィルスが入ってきたとしても、それなりに免疫力が高ければ、ある程度はイボも防げるものです。免疫力を高める為の工夫をすると共に、できるだけ肌に対する刺激も小さくするのが望ましいでしょう。

イボができる原因

イボの基本的知識としてイボが出来る原因についてと、イボの種類とその特徴について説明しています。さらにイボの改善方法について簡単に紹介しています。
イボの基礎知識としてまずイボの原因について紹介!
・イボの原因

イボの原因は「ヒトパピローマウイルス」ということが出来ます。そしてヒトパピローマウイルスは別名「ヒト乳頭腫ウイルス」と言われて実にその種類は100以上もあるのです。皮膚にある小さな傷口よりヒトパピローマウイルスが侵入して感染することでイボが出来てしまいま。あたヒトパピローマウイルスは傷口からの侵入経路以外にも免疫力の低下により体内に存在していたヒトパピローマウイルスが原因でイボが現れれるケースもあります。その他にも加齢によるイボも見られます。

そしてイボの原因であるヒトパピローマウイルスは健康な状態の皮膚に対しては感染しにくい性質があり、肌を清潔な状態に保ち紫外線対策をするなど皮膚のバリア機能が正常化することで感染を予防することが出来ます。
イボの基礎知識としてイボの種類とその特徴を紹介!
イボは部位、原因によりいろいろな種類がありますが、その中でも代表的なイボを紹介していきます。まず最も一般的なイボが尋常性疣贅で、円形で硬く突きだしているのが特徴です。擦ってケガをすることで手足の関節に見られるケースが多いと言えます。

足底疣贅は尋常性疣贅と組織は同じですが足の裏に現れるのが特徴で、全体重がかかる足の裏に出来るので足底疣贅は平らな状態です。裸足でいる機会が多い人は出来やすいと言えます。加齢により多く見られるのが老人性疣贅で皮膚の老化現象の一種と言えます。最初は1、2㎜程ですが徐々に大きくなり、濃い肌色もしくは黒色のイボが見られます。

伝染性軟属腫は水イボと言われ柔らかいのが特徴です。ひじ、ひざ、わきなどに現れ内容物にウイルスを含むのでイボが潰れるウイルスを拡散して移ってしまいます。
イボの基礎知識として知っておきたいイボの改善方法!
イボはそのまま放置して自然に治る場合もありますが、イボの種類によっては徐々に大きくなったり、イボが潰れると周囲に移ってしまう場合があるので早めに病院に行くことをお勧めします。

病院で行うイボの治療方法としては大別して3つの種類があり、レーザーでの治療、液体窒素での治療、内服薬での治療です。以前は美容外科でも、皮膚科でも液体窒素でのイボの治療に限り保険が適用されました。ですが一部のレーザー、注射による治療方法が今は保険適用となるケースがあるので担当医に相談してみて下さい。

またイボ対策の商品として市販の塗り薬、クリームや内服薬などが販売されています。塗り薬はサリチル酸が配合されていて皮膚の角質を柔らかくすることでイボを除去することが出来ます。内服薬にはヨクイニンといった漢方などの成分を含んでいます。またクリームにもヨクイニンや杏仁オイルを配合した商品が多くあります。
イボの基礎知識としてこれだけは押さえておきたい情報
イボの原因は傷口からヒトパピローマウイルスが侵入し免疫力が低下するとイボが出来てしまいます。種類は一般的なイボとして手足に出来る尋常性疣贅足の裏に出来る足底疣贅、加齢により出来る老人性疣贅、水イボとも言われる伝染性軟属腫などが代表的です。改善方法は病院でのレーザー治療、液体窒素、内服薬、市販されているクリーム、塗り薬、内服薬などが挙げられます。