イボができる原因

イボの基本的知識としてイボが出来る原因についてと、イボの種類とその特徴について説明しています。さらにイボの改善方法について簡単に紹介しています。
イボの基礎知識としてまずイボの原因について紹介!
・イボの原因

イボの原因は「ヒトパピローマウイルス」ということが出来ます。そしてヒトパピローマウイルスは別名「ヒト乳頭腫ウイルス」と言われて実にその種類は100以上もあるのです。皮膚にある小さな傷口よりヒトパピローマウイルスが侵入して感染することでイボが出来てしまいま。あたヒトパピローマウイルスは傷口からの侵入経路以外にも免疫力の低下により体内に存在していたヒトパピローマウイルスが原因でイボが現れれるケースもあります。その他にも加齢によるイボも見られます。

そしてイボの原因であるヒトパピローマウイルスは健康な状態の皮膚に対しては感染しにくい性質があり、肌を清潔な状態に保ち紫外線対策をするなど皮膚のバリア機能が正常化することで感染を予防することが出来ます。
イボの基礎知識としてイボの種類とその特徴を紹介!
イボは部位、原因によりいろいろな種類がありますが、その中でも代表的なイボを紹介していきます。まず最も一般的なイボが尋常性疣贅で、円形で硬く突きだしているのが特徴です。擦ってケガをすることで手足の関節に見られるケースが多いと言えます。

足底疣贅は尋常性疣贅と組織は同じですが足の裏に現れるのが特徴で、全体重がかかる足の裏に出来るので足底疣贅は平らな状態です。裸足でいる機会が多い人は出来やすいと言えます。加齢により多く見られるのが老人性疣贅で皮膚の老化現象の一種と言えます。最初は1、2㎜程ですが徐々に大きくなり、濃い肌色もしくは黒色のイボが見られます。

伝染性軟属腫は水イボと言われ柔らかいのが特徴です。ひじ、ひざ、わきなどに現れ内容物にウイルスを含むのでイボが潰れるウイルスを拡散して移ってしまいます。
イボの基礎知識として知っておきたいイボの改善方法!
イボはそのまま放置して自然に治る場合もありますが、イボの種類によっては徐々に大きくなったり、イボが潰れると周囲に移ってしまう場合があるので早めに病院に行くことをお勧めします。

病院で行うイボの治療方法としては大別して3つの種類があり、レーザーでの治療、液体窒素での治療、内服薬での治療です。以前は美容外科でも、皮膚科でも液体窒素でのイボの治療に限り保険が適用されました。ですが一部のレーザー、注射による治療方法が今は保険適用となるケースがあるので担当医に相談してみて下さい。

またイボ対策の商品として市販の塗り薬、クリームや内服薬などが販売されています。塗り薬はサリチル酸が配合されていて皮膚の角質を柔らかくすることでイボを除去することが出来ます。内服薬にはヨクイニンといった漢方などの成分を含んでいます。またクリームにもヨクイニンや杏仁オイルを配合した商品が多くあります。
イボの基礎知識としてこれだけは押さえておきたい情報
イボの原因は傷口からヒトパピローマウイルスが侵入し免疫力が低下するとイボが出来てしまいます。種類は一般的なイボとして手足に出来る尋常性疣贅足の裏に出来る足底疣贅、加齢により出来る老人性疣贅、水イボとも言われる伝染性軟属腫などが代表的です。改善方法は病院でのレーザー治療、液体窒素、内服薬、市販されているクリーム、塗り薬、内服薬などが挙げられます。